2006年06月14日

感謝!

 なんと、BATTLE SIDE のHIROさんが、バトンに答えてくれました。本当にありがたいことです。

 しかもお題を強制するという失礼なバトンだったのに…。すみません。

 ですが、その内容は大変興味深いものでした。

  

 リクエストした手前、特に感銘を受けた点についてご紹介したいと思います。


> 別にどうも思わない、へーそうなんだ。って感じ。【DM日本一】=DMやってる中では一番強いって言う固定概念にとらわれすぎ。
 実際負けるときは負けるし勝つときは勝つ。たまたまそれが公式戦と被っているだけかもしれない。


 → どうやら俺も「日本一」という言葉にとらわれていたようです。勝手にHIROさんを、DMで日本で一番強い人、と祭り上げてしまっていたのかも…。
 リアルでお会いした彼は、普通の学生さん。まったく他の人と変わりません。(ちょっと照れ屋さんなのかな?)


> だから【DM日本一】の人は糞強いから歯が立たないとかは決して思わないこと。
 負ける負ける思ってる奴は、はなっから気持ちで負けてる気がする。


 → 俺は特に強そうな人と当たると、つい気持ちで負けてしまう。俺の師匠たるハイド君との対戦は特にそう…。まず最初に「勝てねぇ…」って思ってしまう。
 これが一番の敗因なんだよね。常勝なんてあり得ない。勝つときもあれば負けるときもある…。

 こんな、実は当たり前のことかも知れない勝負事の自明の理を、明確に語ってくれました。
 いや、HIROさんだからこそ、その言葉の持つ意味が伝わってきます。


> 皆なりたいから頂点を目指して日々努力する!そしていざ決まってやる気がなくなる。
 日本一なんて本当は決めない方が良いんだよ。絶対に。


 → これは正直言って、俺ごときには理解できませんでした。おそらく…なのですが、日本一になってみて、そしてその影響によって身の回りに起こる何かを経験しなければ、分からないのだろうなって。

 たぶんHIROさんは、いろいろ苦労したんだと思います。あまり詳しくは知らないけれど、以前の日記を読ませていただいて、大変なんだなって思いました。


> 日々自分と戦ったことしか覚えてないです。元々自分はカードゲームの才能はないと自覚していたので『努力する』と言うことが大事だということはわかっていました。

 → このくだりに大きな感動を覚えました。悩んで、考えて、調整して、試して、また悩んで…、そんなことを繰り返しながら、人一倍努力する。そして運が味方してくれたとき、結果として日本一がついてきた…。

 HIROさんは、自分が天才じゃないって自覚して、だからこそ努力でそれをカバーする。このことは何事に通ずるのではないかな。

 本当にそうしたければ、つまり日本一でも、夢を叶えるでも、本気でそう思ったのなら、そうなるように努力すればいい。

 努力もしないで、あるいはちょこっとだけ努力しただけで、日本一を羨んだり、祭り上げたり、ましてや嫉妬したりするのは間違っている。

 はい。反省してます。ついHIROさんは天才だと思いこんでしまっていました。


 こうしてみると、俺はなんて失礼なバトンを回してしまったのでしょうか。ごめんなさい。

 そして、そんな失礼なバトンにもかかわらず、詳細に答えていただき、本当にありがとうございました。



 でも、おかげで、強くなる方法、もしくは、おやぢだって日本一になれる方法が、うん、わかりましたね。


 なかなかそこまでの努力をする時間が取れませんが…悲。

posted by Fe at 23:57| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | DM徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19283155
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。