2007年09月12日

長野県人…

 
 長野県は、よく教育県だと言われます。

 それは、寺子屋の数が多かったからみたいで、実際の東大進学率などは低いみたい…。

 そして、長野県民、つまり信州人は、あまりよい例えをされない。

 理屈っぽくて、ノリが悪くて、足の引っ張り合いが好き…。


 でも、やっぱ生まれたところだから、俺は好きなんだなー。

 と、いうことで、以下、長野人チェックなるものをやってみました。他県の方には、まったく興味ないオハナシです。

  

長野人チェック

http://www.linkclub.or.jp/~keiko-n/go.html/nagano.html


●長野オリンピックの競技を生で見たことが自慢。
 →フリースタイルスキー会場で、シャトルバスのボランティアやってました。里谷の金メダルは正直うれしかった。見てないけど。
 
●田中康夫は好きだ。
 →ごめんなさい。好きじゃないです。県知事時代の業績に一定の評価はしていますが、基本的には彼のやったことは長野県のためになっていないと思います。

●実家に軽トラックがある。
 →祖父母の家にはある。近所の家にも多い。でも、家にはない。

●「信濃の国」を歌うことができる。
 →歌詞がうろ覚えだけど一応全部歌えます。家の子供たちは習っていないみたいですが…。

●長野県章のデザインはどうかと思う。
 →別に…、なんとも。

●語尾に「ず」をつける。
 →これは北信地方ですね。「行きましょう」の意味で「行かず」。他地域の人には反対の意味にとられます。

●ドラマ「白線流し」は欠かさず見た。
 →松本が舞台のドラマ。嫁さんは好きでずっと見てた。

●お仏壇は大田屋である。
 →家の仏壇が大田屋かどうか知らない。だけどCMは有名。長野県人はみんな歌えると思う。
 「あいうえ大田屋お仏壇〜」

●初詣はやっぱり善光寺だ。
 →一度行ったことがあるけど人が多くてイヤです。家では毎年、皆神山の神社です。

●イナゴ、ザザムシ、蜂の子、蚕の蛹の佃煮を食べたことがある。
 →俺の生まれは南信地方の伊那市。伊那谷は昆虫食のメッカ。上記の4品に加え、マゴタロウやカエルも食べたことがあります。味はみんなほぼ一緒。微妙に違うけど。

●デパートはもちろん井上に決まっている。
 →これは松本市ですね。長野市では丸光の屋上の遊園地が好きだった。丸光は今はもうない。

●教育県と言われるのもうれしくないが、実情に即してないことを指摘されると腹が立つ。
 →これが長野県人。長野県人と言われると、松本や諏訪や佐久や伊那の人は怒り出す。「長野じゃない」って。んで、県ではいろいろなスローガンに「信州」を使っています。

●羽田孜が首相だったこと、県外の人憶えてないだろうなあと思うが、自分も他には省エネルック位しか憶えてないので何とも言えない。
 →長野県出身の首相は彼1人。そういえば俺の結婚式に祝電と色紙をくれたんだよね〜。なんでだろ?

●高校入学後すぐ、応援練習なるものが存在した。
 →これは有名。応援団が、一部生徒会が応援団のように、とっても厳しく指導する。校庭に立たされて、校歌と応援歌とを最大限の音量で歌わされる。

●長野トマト工場に工場見学に行ったことがある。
 →う〜ん、行ってないな。覚えているのは長野市にある「ぽんちゃんラーメン」工場。

●しゃばだばだっ、う・え・だ・かーん、は何のCMか知っている。
 →これも長野県人なら皆知っている。戸倉上山田温泉の上田館と言えば、アニメのバニーちゃんが温泉に入る有名なCM。

●松本ぼんぼんは、邪道だと思う。
 →見たことがないのでノーコメント。何が邪道なんだろ?

●長野駅前で1時間ごとに流れるオルゴール調「信濃の国」に違和感を覚える。
 →流れていたっけ?

●田植え休みや稲刈り休みに県外に出掛けると、ズル休みと思われ、そんな休みがあることすら信じて貰えない。
 →どこでも普通にあると信じてた。今になって思えば、だから夏休みが短かったのか…。

●てんぷらがとにかく好き。
 →別に…。どちらかといえばそんなには好きじゃない。

●子供の頃の冬の写真を見るとほっぺたの色は必ず真っ赤だ。
 →はい。俺も子供たちも「りんごほっぺ」です。

●腹痛といったら「正露丸」ではなく「百草丸」だ。
 →これこれ、長野県製薬の「御岳百草丸」は、正露丸ほど臭いがきつくなくて飲みやすい。ただし成人で20粒だったと思う。

●給食を食べ終わるとみんなで「いただきました」と言ったものだ。
 →言わねー。

●会社やクラスに一人は小林さんがいる。
 →北信地方には小林さんが多い。たぶん最大派閥。

●岐阜は隣県だが東京よりも遠い、と感じている。
 →長野市だと遠いと感じますね。松本の人は近いと思いますよ。

●長野出身の有名人を5人以上あげられない。
 →え〜っと。

●にらが好きだ。
 →すみません。「にらせんべい」あまり好きじゃありません。

●「真澄」といえば「あらばしり」という言葉が一緒に浮かんでくる。
 →だね。

●「ゆうがたゲット」「土曜だぴょん」「どきどきどうし曜日」など、長野のローカル局の番組名のセンスを疑う。
 →そんなもん。

●新幹線で長野に帰るとき佐久の手前で必ず耳が「つ〜ん」とくる。
 →なるなる。

●長野県人の海といえば新潟だ。
 →長野市の人は上越市を長野市の飛び地だと思ってるかもしれない…。でもお米の美味しさに、飛び地は長野の方だ…とがっくり来てしまう。南信の人は太平洋に行きますよ。

●雪道、凍結した道の歩き方を熟知している。
 →これは当たり前ですね。

●松茸やたらの芽は近所のおじさんから貰って嫌になるほど食べる物なので、何であんな高いのか分からない。
 →たらの芽はそうだけど、松茸はあんまり食べられないよ。昔、家では叔父さんからキロ単位でもらってたけど…。

●運動会が中止かどうか花火で知る。
 →そうそう、朝6時頃にね。花火が上がらなければ中止。

●最高速レコードを記録するとき以外、松本トンネルは意地でも通らない。
 →松本トンネルってどこのこと?

●おむすびころりんがつぶれてしまったことが悲しい。
 →つぶれたのか…

●披露宴では必ずバンザイをする。
 →するする。北信地方では2回。来賓万歳とご両家万歳。

●伊那、飯田は山梨、静岡、愛知の一部ではないかと疑ったことがある。
 →北信は新潟、東信は群馬、南信は山梨・静岡、中信は岐阜・愛知…。それぞれ不要なところが寄せ集まってできた県のような気になります。実際は違いますよ。古代から信濃です。

●小学生の頃、夏休みの長さが23日間前後なのが当たり前だと思っていた。
 →さっきも答えたけど、疑問には思わなかった。大学に行って他県の人と知り合って気付いた。

●ハエトリなどの毒きのこを食べて「うまかった」「くせになる」「しびれる」などと言っている知りあいがいる。
 →ハエトリはしらないなぁ。でも飯田市の方ではベニテングダケを食べるらしいよ。毒抜きして。

●彼、彼女と別れたのは、松本城でデートしたせいにしている。
 →松本市ではこーゆージンクスがあるんだね。東京では井の頭公園のボート、大阪では大阪城公園。

●狩人が「あずさ2号」に続き、「しなの3号」「あさま4号」も、歌ってくれたらよかったのに、と思ったことがある。
 →普通、思わん。

●ベートーベンの第九を聞くと、松本オートのCMの歌詞が頭の中で流れてしまう。
 →「く・る・ま・を・売・る・な・ら・…」知ってる。

●緑茶のお供には漬物が必ず出ている。
 →これは絶対。

●どんど焼きと道祖神は全国的なものだと思っていた。
 →えっ!違うの?

●「ずく」を標準語にはできないが、意味は十分知っている。
 →エネルギーとかやる気みたいな意味だと思う。

●軽井沢も駅の周りは暑いことを知っている。
 →大手の資本が入ると駅前もあーなる。

●オリンピックのおかげで、海外でも知名度があがってうれしい。
 →別に嬉しくないけど。

●そばと言えば長野だと自負している。
 →そばは好き。まず1本そのまま食べる。そして数本をタレにちょいづけで食べる。その後薬味を入れます。そばといえば他にも名産地がありますね。出雲そばとか。

●セントラルスクウェアが今何に使われてるのかよくわからない。
 →いつもは駐車場だけど、屋外イベント会場にもなる。

●いかと言えば塩いか。
 →塩いかって何?

●小学校のとき地図帳で野口五郎岳を探したことがある。
 →あるある。ゴローとかゴーロという地名は多いね。

●祭りのネーミングが、長野びんずる、上田わっしょい、あたりはいいが、丸子どどんこ、諏訪よいてこ、飯田りんごん、となるとなんだかなあと思う。
 →なんで?楽しいじゃん。

●横川で釜飯を買う為にダッシュしたことがある。
 →ダッシュしなくても買えたって。美味しかった。

●小学校で蚕を飼ったことがある。
 →あるよ。飼ってたら、いつの間にか成虫になりやがって、家の中飛び回っていたし。

●標高の高さが松本空港発の飛行機に途中給油を必要にさせていることが悔しい。
 →知らなかった。松本空港に下りる飛行機は、長野県に入ってから旋回しながら高度を下げるので、実は長野市上空辺りまで来ているんだよね。

●プリンターはやはりエプソンだ。
 →家はエプソンです。たまたまですが。

●あさま開通時のキャッチフレーズ「東京は長野だ」に胡散臭さを感じる。
 →感じたなー。田舎臭いキャッチだよね。

●実家には電話の他に有線電話がある。
 →あるよ。

●漫画にズラズラしゃべる田舎人が出てくると、使い方が違うといつも頭にくる。
 →ズラは中南信地方ですね。俺はほとんど使えません。

●姨捨山のスイッチバックを体験したことがある。
 →うん、これは楽しかった。盆暮れ正月は伊那に行っていたので、沿線の風景が大好きでした。

●トノサマガエルは「どんびき」だ。
 →???

●小学校の卒業式にはもちろん「よい日よ〜よい日よ〜よい日今日は〜」の歌を歌う。
 →???知らないなー。

●スケート靴は靴屋からレンタルする。
 →伊那では校庭がリンクになるけど、長野市では長野スケートセンターに行きました。今はスポーツデポになってる。子供たちはオリンピック施設のエムウェーブに行ってます。靴はそこで借ります。

●子どもの頃のおやつは、おやきか野沢菜だった。
 →どんだけ田舎だよ。

●「なんとなく栗まんじゅう」というお菓子の表装の包みの似顔絵が誰なのかと考えると、JAROに電話したくなる。
 →田中知事がらみか?知りません。

●松本市美術館の常設オブジェはいかがなものかと思う。
 →行ったことがないので分かりません。

●諏訪の「かりんちゃんバス」と諏訪湖1周の「スワンバス」どこまで乗っても150円なのはありがたいが、歩いたほうが速いような気がしなくもない。
 →乗ったことないので分かりません。

●ヤッシーと言えば八嶋智人ではなく田中康夫に決まっている。
 →だ〜か〜ら〜

●カラオケで「信濃の国」を歌ったことがある。
 →ないよ。

●歌ったことがなくても、ついつい探し出しては妙に嬉しい気分になったりする。
 →ないよ。でも確か浜松でのシンポジウムの懇親会のあと、酔っぱらって仲間と大声で歌った記憶がある。

●登山学習に行ったことがある。
 →あるよ。乗鞍岳。

●子供の頃の娯楽といえばイナゴ取りだった。
 →そんなの娯楽じゃねーよ。取ってこいと命令されて苦痛だったし。

●日本の屋根を自負している。
 →別に。屋根って偉いのか?

●子供の頃、諏訪湖を見て「海だ」と喜んだことがある。
 →諏訪湖より青木湖の方が印象深いな、俺は。でも諏訪湖は大きいよ。

●北信流がわかる。
 →これはツライ。宴会の席で主賓クラスと主催者側がお酌をしあうというイジメ。ましてや「お肴」役に指名されると泣きたくなる。

●入学式に桜なんて見たことがない。
 →桜は入学後だよね。俺、誕生日が4月2日だけど、桜は咲いていないし、むしろ雪の日だってあったし。

●公立高校では部活のことを「班活」と呼んだものだ。
 →野球班とかサッカー班とか。俺はバスケ班を1週間でやめました。その後は○○班。

●七味唐辛子といえば、唐辛子マークの缶である。
 →もちろん八幡屋礒五郎。唐辛子のヘタの部分に穴がある。

●飯田線で根性試しをしたことがある。
 →ないない。

●みんなで食事しているときは、かたくなに“信州人の一つ残し”を守ってしまう。
 →これは今でもやってしまいます。

●小学校の運動会の競技のひとつに幼稚園と保育園の年長さんの旗拾いがある。
 →どこでもあるよね?ないのかな?

●アスカ住研のCMを最近見かけないので寂しい。
 →「ア・ス・カ、アスカ住建〜」。そういえば見ないな。

●奈良や京都が高々2000年足らずの歴史を自慢しているのを見ると、こっちは石器時代の黒曜石産地だ!と思う。
 →思わねーよ。ちなみに黒曜石は黒耀石とも書く。

●入学から卒業までクラス替えしないのは普通である。
 →小学校の時2回やったよ。

●観光地の山菜はほとんど中国からの輸入品なのに観光客が有り難がっているのを見ると申し訳なく思う。
 →申し訳なくは思わないけど。なんで買うかは不思議だった。

●新聞はもちろん信濃毎日新聞を購読している。
 →ニュースは遅いし、夕刊と同じ記事が載ってるし、記者の多くは偉そうだし、あんまり好きじゃないけど、仕方なく購読しています。

●新幹線あさまが開通した頃、「東京は長野だ」というJR東日本のCMのキャッチフレーズが忘れられない。
 →さっきあったぞ、この項目。

●子供の頃の土曜日といえば、水島遊だった。
 →???

●発泡スチロールのことを「スチロパール」と呼ぶ。
 →???

●スーパーといえばマツヤ・ツルヤ・アップルランドだ。
 →スパーのお店も入れといて。

●おんばしら(御柱)になると異常に血が騒ぎ、蕎麦を自ら打ったりしてしまう。
 →それは諏訪の人だけだって。でも御柱は長野にもあるんだよね。

●北信の人は南信の人を、南信の人は北信の人を「理屈っぽい」と思うが、お互い自分は違うと思ってる。
 →俺はどっちだろう???どちらにしても理屈っぽいけど。

●おばさんが集まると一人一品漬物を持ってくる。
 →これがいろんな味が楽しめるだな。でもあまり食べないけど。

●冬季オリンピックが開かれるほど寒いのに住宅に北海道のような防寒設備が一切無いことには気づかないふりをしている。
 →飯山や栄村は別として、普通の家だよね。

●他県に出たとき、鼻濁音が使えない人がいることに驚いてしまう。
 →使えないの?

●片倉館の1000人風呂でおぼれかけたことがある。
 →行ってみたい♪ あと仙仁温泉の洞窟風呂も。

●長野出身者に会うとどこの高校卒か聞くことから会話が始まる。
 →多いよね、聞かれること。出身大学よりも多いよ。

●ゴールデンタイムに地元局製作番組はいかがなものかと思う。
 →長野県人の意地なのかな?

●運賃がバカ高い、松本電鉄&バスには意地でも乗らない。
 →バス代は高いよね。

●予備校や学習塾といえば「信学会」だ。
 →俺の高校の4年生はそこに通ってました。俺はお茶の水だったけど。

●ミルメークは給食の最大の御馳走だった。
 →久しぶりに飲みたいな。

●青森県産のりんごは食べたことがない。
 →あるとは思うけど、長野にもいっぱいあるからなー。

●浅間山が煙を吐いていると安心する。
 →なんで安心するの?

●鹿島槍ガーデンのCMでニジマスを頬張る少女が気になる。
 →あ、これ気になる。あの唄も。

●八十二銀行に口座を持っている。
 →俺の給料がそこに…。

●山を描くときは ∧ ではなく ∧∧∧∧∧∧ と、ごく自然に山脈を描いたものだ。
 →当然です。周囲四方に山がないのは不自然だから。

●雪の日に立往生している車を助けたことがある。
 →あるよ。スタックした車を脱出させるの得意です。

●冬はスキーしか娯楽がないので、とりあえずスキーは人並みには滑れる。
 →娯楽の件は別にして、普通レベルで滑ることができます。ウェデルンはできないけど。

●北松本駅舎のピンクのカラーリングのセンスはいかがなものかと思う。
 →知らねー。

●雪の日でも自転車に乗るのは基本だ。
 →雪道でのハングオンはスリルがあるよ〜。転んでペダルが折れたことがある。

●「小林のりんご」をハモれる。
 →もちろん。チャンチャン。

●「今夜のおかずは?」と聞くと「信州ポーク!!」と答えてしまう。
 →高品質トンです。飯田の千代幻豚は美味い!
  
●県外の友達に「遊びおいでよ!軽井沢でも案内するよ」とセレブぶり、いざホントに来るとなったら、ガイドブックで丸暗記。
 →これに近いことはやってるような…。

●修学旅行にはなぜか登山リュックを持っていかされたものだ。
 →いや、別に。

●泰阜村が読める。
 →やすおかむら。峰竜太の出身地だっけ?

●北信では うどんを食べるときは 【おしぼり】に限る。
 →これは美味い。酔っぱらってから食べる辛いおしぼりは格別。

●武田信玄が嫌いだ。
 →実は上杉謙信も。だって長野は戦場になっただけだもん。

●美ヶ原のオブジェを見て「なんだこりゃ?」と思ったことがある。
 →あの高原美術館に限らず、美術館そのものに興味がないのです。アートにはからっきし弱いです。

●食前に一杯の養命酒が日課だ。
 →どんだけ年寄りだよ。

●味の素とマヨネーズが大好き。漬物に味の素は基本である。
 →かける人は多いね。俺は何もかけないのが好き。

●味付けの基本は、てっか味噌だ。
 →違うなー。

●ハレの日のご馳走といえば、鯉料理だ。
 →佐久の人??

●長野オリンピックのキャラクター・スノーレッツはあまりかわいくないと思うが一応グッツは持ってる。
 →…持ってます…。

●不合理で理屈が通らないことでも昔からやってきたことが一番良いと思う。
 →微妙。

●御神渡の日を当てるとその日一年息災に暮らせると信じている。
 →諏訪の人??

●紅ズワイガニが一番のごちそうだ。
 →いや、タラバの方が高いし、美味い。

●夏休みは短いが「寒中休み」があるので納得している。
 →お田植え休み、稲刈り休み、そして寒中休み。だから2月は東京ディ○ニーリ○ートの長野県週間なのかな?

●JRには8時ちょうどのあずさ2号をぜひ走らせてほしいと思う。
 →いや、別に。

●碓氷峠を車で走って気分が悪くなったことがある。
 →冬は楽しいよ。滑るから。

●自治会や常会、五軒組みなど、しきたりには疑問があるが、村八分にされたくないので、仕方なく顔を出す。
 →なるべく逃げたいのですが、そこは田舎だから。

●実家が兼業農家だ。
 →いいえ。

●ここのタイトルは「信州人チェック!」にして欲しいと思っている。
 →いいえ。むしろこんなこと楽しんでやってるの、長野県人だけだと思うし…。


 えらい長かったな…。

 ちなみにこんなのもあります。
http://www.8peaks.jp/sjin/sjinchek.php
posted by Fe at 20:22| 長野 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 徒然なる雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕は「ほぼ信州人」でした。なぜかちょっと安心しちゃいました。
Posted by H山(父) at 2007年09月13日 20:05
>H山父さん

 俺は以下のとおりでした…涙。

>あなたこそ真の信州人、伝説の人です。
>他に範を示し、よく皆さんをお導きくださいますよう。
Posted by Fe at 2007年09月13日 20:43
長野県人歴12年ですが、゛次、行かずに゛と言って、はしごしますw  ゛に゛を付けるのは東信だけ? ゛ずく゛をマスターするのに2、3年掛かりましたよー。
Posted by nam at 2007年09月13日 21:33
うーん、長かった。わたしは最後までもたないな…。

「塩いか」は「塩丸いか」が正しいですね。塩漬けしたいかのはらの中に足と塩が突っ込んであってまるっとしているというやつ。

私は伊勢の出身ですが、信州で20年過ごし、さすがに寒い時の歩き方もうまくなり、信濃の国も一番くらいは歌えるようになりました。山に囲まれているとなごめるようになっています。

木曽に来たころは、山奥に行く、という感じでしたが、最近は、山に帰ってきた、という感じ。すめば都、かな。
Posted by ろくもんせん at 2007年09月14日 01:04
>namさん

 語尾の「に」は南信でもよく使われますね。松本平でも言うかな?
 俺のよく知ってる松本人は「だじ」とも言っていた…。
 それでも長野は、結構方言少ない方ですよね、きっと。
Posted by Fe at 2007年09月14日 02:03
>ろくもんせんさん

 「塩丸いか」は知らなかったなー。食べてみたいな…。

 木曽は大好きです。権兵衛峠超えたら伊那からすぐ。
 昔は権兵衛峠大変だったけど、今はトンネルだもんね、早いです。

 キャンプ場も多いし、滝もいっぱいあるし、開田そばも美味しいし…。

 今年は南木曽町に2回も行きました、仕事で。
Posted by Fe at 2007年09月14日 02:11
>Feさん

塩丸いかは塩抜きして刻んでキュウリなどとあえたりするようです。加工は県外ですが消費は県内にほぼ限定されるといいます。

長野から木曽にくるには、権兵衛トンネルが出来たのは喜ばしいですね。南木曽町なら中津川からのほうが体は楽かな。余裕はないでしょうが、来られるときにはご連絡ください。ご接待いたします(笑)
Posted by ろくもんせん at 2007年09月14日 12:09
今日、早速職場の同僚たちに試してもらいましたよ。
「あなたは、真の信州人です」と出ると周りのみんなは必ず「笑い」ました。
対する本人は、大体「ムッ」っとしてましたね。
私は「塩まるイカ」好きです。ろくもんせんさんと同じくきゅうりとあえたりしたのでビール飲むの良いですよ!
Posted by h山(父) at 2007年09月14日 18:44
>ろくもんせんさん

 塩丸いか、知ってました。それならよく食べました。
 あれ、塩丸いかっていうんですね。俺は普通のイカだと思ってました。
 木曽谷にはなかなか行けませんが、また大会でお会いしましょう!
Posted by Fe at 2007年09月14日 22:02
>H山父さん

 俺の職場でも好評でした…笑。

 「塩丸いか」という名前だとは知らなかったですね。
 たくさん食べていたのに…笑。
Posted by Fe at 2007年09月14日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55051702
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。